排気量の違いで

バイク輸送のことについてお話しします。バイクは排気量が原付やそれ以上のものといろいろあります。バイク輸送についてはそういう排気量の違いによりバイク輸送が何千円も変わります。そのためバイク輸送をする場合は気を付けることです。特に船輸送の場合は毎日出向していていないのでそれも予め確認した方がいいです。引き取る時はすぐ引き取らなくても船会社が管理している倉庫に何日間か保管してくださるのでその際は行く前に確認して引き取りした方がいいです。船輸送の場合は乗る本人が同じ船で部屋が取れる場合は一日乗って行き来することも可能です。そうすればそのままその船を降りるときにバイクに乗って移動することができるからです。

バイク輸送と一口に言っても天気が良ければ良いですが雨の時は注意が必要です。一人では移動できないのでバイク輸送する際に帰りに自分が乗る手立てを考えておかなければなりません。そういうことも考えたうえでバイク輸送を安全に行うことが重要です。色々な船会社と細かく連絡を取った方が良いです。人が乗る場合とそういうバイクのみの輸送の場合は場所が違うことが多いので単車のみの運搬については十分注意が必要となります。料金についても船会社でもいろいろ違うのでそういうこともよく説明を聞いて確認した方がいいです。ヘルメット等も入れて送る場合は傷などつかないように工夫が必要になります。単車用の手袋なども同様になります。すぐ乗って移動しなければならないのでそういう準備も必要になります。