中性脂肪を減らす料理と生活習慣

中性脂肪を減らすのに効果的な料理

中性脂肪を減らす効果的な料理について押さえておきましょう。

まずは、洋食よりも、和食がベターです。
たとえば朝食で食べられるハムやベーコン、バターなどの動物性脂質の多い食品は中性脂肪を増やすもとです。
対して和食は、脂質も糖分も控えめです。

次に、油を使う際は、脂質の量に注意しましょう。
油を使って調理する時は、焼く、炒める、揚げるの順で油が増え、合わせて脂質やエネルギー量も増えますので要注意です。

それから、肉は部位を選びましょう。
バラ肉やロース肉よりは、ヒレ肉やモモ肉、ささみなどを選ぶことで、脂質やエネルギー量を押さえられます。
また、鶏肉などは、皮や脂身を取り除いてから使うと、さらにヘルシーです。

最後に、主食は玄米にしましょう。
玄米は白米に比べて食物繊維を豊富に含んでおり、糖質の体への吸収を抑え、中性脂肪に変わる量を減らします。
また、最近注目を集めているのが大麦もオススメです。

中性脂肪を減らすのに効果的な生活習慣

中性脂肪を減らすポイントは、何と言っても食事の内容を見直すことです。
加えて、定期的に行う運動を習慣化し、代謝量を増やすことで、身体に余分なエネルギー源を溜めないようにすることです。
なお、当然ですが、アルコールは押さえましょう。

中性脂肪の数値が良くない場合は、薬を処方されると思いますが、そうでない場合は、市販のサプリをうまく活用して、日々の生活に取り入れて行きましょう。
もし、市販のサプリを購入する場合は、薬局で「内臓脂肪を燃焼させる」などと書かれた商品を見かけると思いますが、「トクホ」マークがついている商品が安心です。

しかし実際に使用される場合は、薬剤師など、専門的な知識を持った人に相談することをおすすめします。
自分なりに食事や運動、サプリなどを上手に活用した生活習慣を築くことが大切ですね。


この記事をシェアする