軽貨物の仕事

軽貨物運送業は、正式には貨物軽自動車運送事業といいます。軽自動車を使用して荷物を運送する事業で、貨物自動車運送事業法によって様々な規制がなされています。軽自動車を使用するので、比較的小さな荷物の運送が業務内容になります。 軽貨物の運送業を始めるには、車両を用意し、営業所のある陸運支局に届け出を行う必要があります。まず、車両の用意については、軽自動車1台で足ります。もっとも、乗用タイプの軽自動車では荷物の運搬に不便ですので、改造を行うか貨物用の軽自動車を用意する必要があります。 次に届け出は営業所のある都道府県の陸運支局に行なわなければなりません。もっとも営業所は自宅に電話とFAXを置いただけの簡素なもので十分です。 その他、車庫の用意や運行管理体制の策定、自動車保険への加入なども必要です。

軽貨物運送業を始めることのメリットは、何といっても特別な資格が不要であるということです。そのため、初期費用も抑えることが可能になります。一番費用がかかるのは、貨物用の軽自動車の購入になるでしょう。しかし、すでに貨物用の軽自動車を所有している場合には改めて購入する必要がありません。また、使用するのは新車でなくても良く、中古車で構いません。もっとも、住宅地での運送業務を行うにあたっては、カーナビが必須になってくるでしょう。また、駐車場の契約や保険への加入費用など、通常車を所有するのと同じような手続が必要になるので、そのための費用もかかります。 なお、軽貨物の運送業を始めるには車を用意するだけではなく、陸運支局への届け出も必要ですが、こちらにはあまり費用がかかりません。もっとも、行政書士などに手続を依頼するとその費用はかかります。